無料デモ・お問い合わせ

ニュース > お役立ち記事

一覧へ戻る

2019.6.1

自閉症スペクトラム障害とは〜発達障害の一つ、様々な自閉症の総称〜

<自閉症スペクトラム障害は多様な自閉症を包括している>

自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder: ASD)は発達障害の一つです。中核的な症状としては、社会性やコミュニケーションの困難さ、行動や興味感覚の特異性等が含まれます。また、症状は発達早期からあること、社会生活に支障をきたしていることも診断基準に含まれています。

しかし、自閉症スペクトラム障害は、全ての人に同じ症状があるわけではなく、また、程度の差も大きいです。

かつては、知的障害を伴う場合はカナ―型自閉症、知的障害の伴わない場合は高機能自閉症やアスペルガー症候群などと呼ばれていました。現在はそれらを総称して、自閉症スペクトラム症/自閉スペクトラム障害と呼びます。

 

●発達障害は先天的な脳機能の障害によって起こる

2005年に施行された発達障害者支援法のなかでは、発達障害を「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠如多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢に置いて発現するもの」と規定しています。

発達障害には様々な障害や症状がありますが、どれも先天的な脳機能の障害の一つです。脳機能の障害によって、ある部分の発達が遅かったり、定型発達と比べると特異的に成長する部分がみられます。しつけや育て方によって発症するものと誤解されている時代もあり、辛い思いをされた保護者の方も多くいらっしゃったようですが、今では先天的な障害であると広く知られつつあります。

 

学習障害とは-読み、書き、算数の困難>

学習障害(Learning Disorder:LD)とは、知的な遅れが見られないにもかかわらず、「読み」「書き」「算数」などの基本的な学習能力のいずれかの習得と使用に著しい困難を示す状態を指します。

文部科学省の定義では、上記の能力に関して、小学校低学年において一学年以上、高学年以上においては二学年以上の遅れが認められる場合に、学習障害を疑うことになります。

 

●学習障害の諸症状-読む、書く、算数の困難の現れ方はさまざま

①読む
◆単語を一つのまとまりとして読めない(一文字ずつ読む)
◆読むのがたどたどしく、遅い
◆自分がどこを読んでいるのか分からなくなる
◆文字や行を読み飛ばしてしまう
◆似ている文字を区別できず、読み間違える
◆特殊な発音ができない(促音「っ」や拗音「しゃ、しゅ、しょ」など)

②書く
◆漢字が正しく書けない(鏡文字になる、線が足りないなど)
◆文字の大きさや形がバラバラになり、バランスとれた文字を書けない
◆書き取りの速度が極端に遅い
◆マス目や罫線から文字がはみ出る

③算数
◆数の概念を理解することができない
◆暗算ができない
◆九九が覚えられない
◆繰り上がりや繰り下がりの計算ができない

 

<注意欠如多動性障害とは>

注意欠如多動性障害(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder:ADHD)は、発達障害のなかで最もよく見られる障害です。①不注意型、②多動・衝動型、そして不注意型と多動・衝動型の両方を抱える③混合型の三つのタイプに分けられます。ADHD全体の八割が混合型とも言われています。

 

●注意欠如多動性障害の諸症状

①不注意型
◆忘れっぽい、忘れ物や物を失くすことが多い
◆整理整頓の仕方がわからない、苦手
◆集中力が長く続かない、気が散りやすい
◆計画を立てるのが苦手、順序立てて物事を行うのが苦手

②多動・衝動型
◆ルールを守れないことがある
◆順番を待てない、会話の途中に割り込んでしまう
◆じっとしていられない、落ち着きがない、すぐに立ち歩く
◆カッとなりやすく、冷めやすい
◆思い付きで行動してしまう

 

<発達障害は精神疾患ではない>

発達障害は、「うつ病」に代表されるような精神疾患と間違われるケースが多くあります。精神疾患は、精神的ストレスや本人の特性など、多様な原因で後天的に発症するものです。

発達障害は生まれつきの脳機能の障害であり、幼少期から特有の症状が発現します。その点が、発達障害と精神疾患の大きな違いになります。

 

●発達障害は治らないが、困り感の軽減はできる

現在、発達障害を完治させる手段はありませんが、発達障害によって引き起こされる困り感を軽減することは可能です。適切な対応や対策をとることや、環境をより適した状態に変えるといったことで、困難さを和らげたり、持っている力を発揮しやすくすることもできます。

 

●知的障害を伴うカナー型の自閉症

自閉症スペクトラムという概念を理解するために、まずは簡単に自閉症の変遷を辿ってみましょう。

1943年にアメリカのレオ・カナーは、社会性や言語に障害を持つ子供たちの症状を「自閉症」と名付けました。そのため、「自閉症は知的障害を伴う」ということが以前はその前提として考えられていたのです。

 

●知的障害を伴わない高機能自閉症(アスペルガー症候群)

しかしその後、カナー型自閉症以外にも、知的障害を伴わない高機能自閉症(アスペルガー症候群)の存在が知られるようになります。

カナー型自閉症と高機能自閉症は、一般に知能指数(IQ)のスコアによって区別され、IQ85以上(より広義には70以上)を指して高機能自閉症と呼んでいました。

言葉の使用に独特の特徴を持つアスペルガー症候群も、知的な遅れが見られないことから、高機能自閉症と同等に扱う場合が多く見受けられます。ここでも、高機能自閉症とアスペルガー症候群は大きく区別せず扱うこととします。

 

●自閉症概念の拡大と自閉症スペクトラム障害

カナー型自閉症に加えて高機能自閉症の存在が明らかになったことで、イギリスのローナ・ウィングは、上記のような様々な障害に共通する基本的で大きな特徴に気付きます。

そして、カナー型自閉症も高機能自閉症(アスペルガー症候群)も別個の障害ではなく、自閉症という、重症から軽症までに至る連続体(スペクトラム)なのだと考えました。知能や症状に高低や強弱といった連続性があることから、一連の自閉性の障害を包括して、自閉症スペクトラム障害と呼ぶことにしたのです。

このような経緯を経て自閉症の概念が拡大されたことで、共通点が不明瞭だった様々な事例が自閉症に含まれることになりました。自閉症スペクトラムという用語はその後広く受け入れられ、研究者たちの間でも一般化されるようになりました。

学校生活や職場をリアル体験! ソーシャルスキルトレーニングをVRで
emouのデモ体験・お問い合わせ

法人・施設担当者の方はこちらから 個人の方はこちらから

最新ニュース

記事一覧 >