ニュース > お役立ち記事

一覧へ戻る

2019.6.10

幼年期における自閉症スペクトラム障害〜特徴、具体的な行動やサイン〜(1)

<年代別に見る自閉症スペクトラム障害-障害の兆候、具体例、支援のヒント>

ここからは年代別に、自閉症スペクトラム障害の方たちに見られる特徴を紹介していきます。

年代問わず、自閉症スペクトラム障害には共通した三つの特徴があることはお話してきた通りです。しかし、取り巻く状況や環境の違いによって、見えてくる兆候も異なり、直面する社会的な問題も変わってきます。

 

●自閉症スペクトラム障害のお子さんの様子や困り感は千差万別

まずは幼少期における自閉症スペクトラム障害についてお話ししていきましょう。

自閉症スペクトラム障害は、かつては症状や特徴によって複数に分類されていた障害を包括的に捉えた概念です。そのため、<スペクトラム(連続性、境界が曖昧な)>という言葉にも表れているように、その症状の現れ方や困り感はお子さんによって千差万別です。

特徴が強く出ている子もいれば、あまり表面化しない子もいます。お子さん自身の発達や成長に伴った環境変化等でも、症状の現れ方や困難さは変化していきます。

 

●特徴的な言動に共通する障害特性

自閉症スペクトラム障害のお子さんが示す特徴的な言動には、共通した特性が背景にある場合がります。

例えば、お母さんが指を差して伝えたものをさっぱり見てくれないという場面や、砂場遊びで物の貸し借りが上手くできない場面、2人でボール遊びをはじめたはずがいつの間にか1人で遊んでしまう場面等があります。言動の要因は複数あることが多いですが、これらはどれも、共同注意(他者と同じものに注意を向けること、またはそれを認識する力)の発達が遅いことが背景にあると考えることができます。共同注意は、相手の気持ちを想像したり共感したりすることにもつながるため、社会性やコミュニケーションの発達の基礎となります。幼児期は、お子さんの興味関心に合わせて焦らずじっくりとこの力を育てることが大切です。

 

●幼少期における自閉症スペクトラム障害の具体例

◆視線が合いにくい
◆表情の変化が少ない
◆名前を呼ばれても反応しない
◆抑揚のない話し方をする
◆人よりも物に関心を示すことが多い
◆オウム返しが多い
◆一方的に話すことが多い
◆好きなもののことを語りだしたら止まらない
◆集団におけるルールが分からない
◆激しい癇癪を起こしやすい
◆繰り返しの動き、遊びを好む
◆食べ物の好き嫌いが激しい
◆ある物事への強いこだわりを持つ
◆一人遊びを好む

 

●幼少期の特徴的な行動①-視線が合わない、無反応、オウム返し-

自閉症スペクトラム障害のお子さんは、周囲に対しての関心や興味が非常に限定的なタイプの子がいます。このため、親御さんや保護者の方が話しかけても視線が合わなかったり、呼びかけに応じなかったりすることもあります。

お話ができるようになったお子さんでも、会話の内容や言葉の意味をきちんと理解できていない場合があります。そのために、親御さんや保護者の方がなにか話しかけても、その内容をそのまま繰り返すだけになってしまいます。「〇〇で遊ぶ?」と聞いても、同じように「〇〇で遊ぶ?」とオウム返しをしてしまうのは、言葉の意味を理解できていないという自閉症スペクトラム障害の特徴が現れているからなのです。

 

●幼少期の特徴的な行動②-独り言、クレーン現象-

想定外の出来事や計画の急な変更に直面した際、私たちはその経験を蓄積させながら、柔軟に対応できるようになっていきます。しかし、自閉症スペクトラム障害のお子さんは、それがあまり得意ではありません。分からない未来のことや現状の変化に対して不安を感じているからこそ、現状に対して強いこだわりを見せるのです。

自閉症スペクトラム障害のお子さんのなかには、飽きることなくその場で飛び跳ね続けたり、電気のスイッチを入れたり切ったりし続けたりする方がいます。こうした行動は、「常同行動」と呼ばれています。

同じ行動を繰り返すのは、変化を嫌っているためです。同じ行動に没頭することで安心を得ていたいという欲求の裏返しとも言えるでしょう。逆に言えば、常同行動が頻繁になってきていれば、それはお子さんの心が不安定になっていることを示しています。

 

●幼少期の特徴的な行動③-常同行動は不安の現れ-

想定外の出来事や計画の急な変更に直面した際、私たちはその経験を蓄積させながら、柔軟に対応できるようになっていきます。しかし、自閉症スペクトラム障害を抱えている子供たちは、それがとても苦手です。分からない未来のことや現状の変化に対して不安を感じているからこそ、現状に対して強いこだわりを見せるのです。

自閉症スペクトラム障害の子供のなかには、飽きることなくその場で飛び跳ね続けたり、電気のスイッチを入れたり切ったりし続けたりする子供がいます。こうした行動は、「常同行動」と呼ばれています。

同じ行動を繰り返すのは、変化を嫌っているためです。同じ行動に没頭することで安心を得ていたいという欲求の裏返しとも言えるでしょう。逆に言えば、常同行動が頻繁になってきていれば、それは子供の心が不安定になっていることを示しています。

 

●幼少期の特徴的な行動④-変化を無理に求めないことが大切-

常同行動以外にも、常に同じ洋服を着たがったり、おもちゃの置き方に執着したりするなど、お子さんが強いこだわりを見せる場合は多くあります。そうしたこだわりを崩されると、変化への不安から気持ちを抑えることができず、パニックになることもあります。

例えば、おもちゃをきちっと一列に並べることにこだわるのは、自分の中に持っている一定の秩序へと自分の周囲の状況を整えることで、自分の気持ちを落ち着かせ、安定させようとしているからです。状況に応じて気持ちを切り替えることが苦手だということを理解してあげ、周囲が無理に変化を求めないことが大切です。

学校生活や職場をリアル体験! ソーシャルスキルトレーニングをVRで
emouのデモ体験・お問い合わせ

法人・施設担当者の方はこちらから 個人の方はこちらから

最新ニュース

記事一覧 >