ニュース > お役立ち記事

一覧へ戻る

2019.6.10

幼年期における自閉症スペクトラム障害〜特徴、具体的な行動やサイン〜(1)

<年代別に見る自閉症スペクトラム障害-障害の兆候、具体例、支援のヒント>

ここからは年代別に、自閉症スペクトラム障害を抱える人たちに見られる特徴を詳しく紹介していきます。

年代問わず、自閉症スペクトラム障害には共通した三つの特徴があることはお話してきた通りです。しかし、それでも取り巻く状況や環境の違いによって、見えてくる兆候も異なってきます。直面する社会的な問題も変わってきます。

だからこそ、それぞれの年代によって変化していく特徴の現れ方をお伝えし、これを読む方々の状況に合わせて、自閉症スペクトラム障害の理解や今後の生活へのヒントをより的確に掴んでもらえればと思います。

 

●自閉症スペクトラム障害の子供たちの兆候は千差万別

まずは幼少期における自閉症スペクトラム障害についてお話ししていきましょう。

自閉症スペクトラム障害は文字通り、自閉症という障害の様々な疾患を包括した概念です。ですから、一口に自閉症スペクトラム障害だと言っても、その現れ方は子供によって千差万別です。

特徴が強く出ている子供いれば、部分的にしか表面に出てこない子供もいます。年齢を重ねるにつれ、現れ方が変化したり、他の特性と重なっていったりする場合もあります。

 

●小さな頃から表出する自閉症スペクトラム障害の特徴

しかし、根っこにあるものは同じです。自閉症スペクトラム障害を抱える子供たちが示す特徴的な言動には、共通した特性があります。

例えば、「人」に対する関心が薄く、安心感を抱きにくい場合が多くあります。逆に、「もの」に対しては関心が向きやすい傾向もあります。ですから、自閉症スペクトラム障害を抱えた子供は、視線をなかなか合わせなかったり、あやしても表情を変えなかったりします。

自分の子供に対して、「交流している実感が湧かない」「愛情が伝わっていない」と感じている親御さんや保護者の方々も多くいらっしゃるでしょう。こうした状況は、親御さんからのアプローチが悪いから、というわけではありません。社会性の困難やコミュニケーションの困難に伴う様々な特徴が、小さな頃からお子さんに現れていると考えるべきです。

 

●幼少期における自閉症スペクトラム障害の具体例

◆視線が合わない
◆表情の変化に乏しい
◆名前を呼ばれても反応しない
◆抑揚のない話し方をする
◆身近な人間に関心を示さない
◆オウム返しが多い
◆ごっこ遊びをしない
◆会話がうまく成立しない(一方的に話す、簡単な質問にも答えられないなど)
◆好きなものの話になると急に饒舌になる
◆集団におけるルールが分からない
◆感情のコントロールが苦手で、場面によらず激しい癇癪を起こす
◆同じ動きを延々と繰り返す
◆食べ物の好き嫌いが激しい
◆「なにか」に対して強いこだわりを持つ
◆友達ができず、いつも一人で遊ぶ

 

●幼少期の特徴的な行動①-視線が合わない、無反応、オウム返し-

自閉症スペクトラム障害を抱える子供たちは、周囲に対しての関心や興味が非常に限定的です。このため、親御さんや保護者が話しかけても視線が合わなかったり、呼びかけに応じなかったりすることがあるのです。

お話ができるようになった子供でも、会話の内容や言葉の意味をきちんと理解できていない場合があります。そのために、親御さんや保護者がなにか話しかけても、その内容をそのまま繰り返すだけになってしまいます。「○〇で遊ぶ?」と聞いても、同じように「○○で遊ぶ?」とオウム返しをしてしまうのは、言葉の意味を理解できていないという自閉症スペクトラム障害の特徴が現れているからなのです。

 

●幼少期の特徴的な行動②-独り言、クレーン現象-

周囲への関心や興味が限定的なため、子供たちには周囲の人達と積極的にコミュニケーションをとろうとする意識が乏しくなります。独り言が多くなったり、自分の世界に閉じこもり、一つの物事に没頭したりするようになるのです。

そしてそれゆえに、実際にコミュニケーションをとろうとする際のアプローチも独特なものになることが多くなります。例えば、欲しいものを言葉や身振りで親に伝えず、親の手を持って欲しいもののところまで連れて行くことがあります。これは「クレーン現象」と呼ばれており、自閉症スペクトラム障害の子供に見られる代表的な特性の一つです。

 

●幼少期の特徴的な行動③-常同行動は不安の現れ-

想定外の出来事や計画の急な変更に直面した際、私たちはその経験を蓄積させながら、柔軟に対応できるようになっていきます。しかし、自閉症スペクトラム障害を抱えている子供たちは、それがとても苦手です。分からない未来のことや現状の変化に対して不安を感じているからこそ、現状に対して強いこだわりを見せるのです。

自閉症スペクトラム障害の子供のなかには、飽きることなくその場で飛び跳ね続けたり、電気のスイッチを入れたり切ったりし続けたりする子供がいます。こうした行動は、「常同行動」と呼ばれています。

同じ行動を繰り返すのは、変化を嫌っているためです。同じ行動に没頭することで安心を得ていたいという欲求の裏返しとも言えるでしょう。逆に言えば、常同行動が頻繁になってきていれば、それは子供の心が不安定になっていることを示しています。

 

●幼少期の特徴的な行動④-変化を無理に求めないことが大切-

常同行動以外にも、常に同じ洋服を着たがったり、おもちゃの置き方に異様に執着したりするなど、子供が強いこだわりを見せる場合は多くあります。そうしたこだわりを崩されると、変化への不安から気持ちを抑えることができず、パニックになって騒ぎ立ててしまうこともあります。

例えば、おもちゃをきちっと一列に並べることにこだわるのは、自分の中に持っている一定の秩序へと自分の周囲の状況を整えることで、自分の気持ちを落ち着かせ、安定させようとしているからです。状況に応じて気持ちを切り替えることが苦手だということを理解してあげ、周囲が無理に変化を求めないことが大切です。

最新ニュース

記事一覧 >