緊急経済対策、要望調査申請に必要な情報について

emou

現在、緊急経済対策(障害保健福祉部関係)に関して各都道府県、政令指定都市、中核都市の担当部署による要望調査が行われており、多数のお問い合せを頂いております。 また、緊急の調査のため締切まで時間が非常に短い点、当社でも把握しております。自治体によっては要望調査時に要望をあげている施設より優先して対応を行う場合などがあるとの事ですので、要望を申請する予定の施設様においては下記情報を元に要望申請を行って頂ければと存じます。


 


〇参考価格(VRゴーグル3台の場合)


年間総額:91.3万円


・サービス利用費:66万円(年間契約:月額5.5万円×12ヶ月)


・機材費(VRゴーグル):19.8万円(6.6万円×3台)


・初期アカウント設定費:5.5万円


※VRゴーグルは1台からご利用可能 ※サービスのご利用には別途iPadとWiFi環境が必要 <補助対象>※弊社調べ


①「SST学習用のVR機器」で補助される費用


機材費(VRゴーグル)|VRゴーグル6.6万円×ご希望台数(導入施設は3台からの導入をお勧めしています)


※当社のサービスのご利用には「iPad(推奨:第7世代、128GB)」及び「WiFi環境」が必要(こちらを貴社で新規でご用意頂く場合、①に含まれるかは自治体にご確認下さい。)


②「ソフトウェア」で補助される費用


サービス利用費|66万円(年間契約:月額5.5万円×12ヶ月) ※通常は毎月のご請求となりますが、一括払い等も可能なため、66万円で要望申請頂ければと存じます。


③「保守・サポート費」で補助される費用


・初期アカウント設定費:5.5万円


■機材確保の為、検討頂いている場合お知らせ下さい。


検討されている施設様は問合せより検討されている旨、お知らせ下さい。機材を優先確保致します。現在多数お問い合せを頂いており、一斉同時期にお申し込み頂いた場合機材の手配に時間がかかる場合がございます。自治体へ要望申請する場合は、弊社にも検討して頂いている旨お知らせくださいますようお願いいたします。


 お問い合わせこちらから


<emouコンテンツ一例> emouは、今後ソーシャルスキルトレーニングだけではなく、職場体験や社会生活の様々な場面をVRコンテンツ化し「社会を予習」出来るサービスへと進化していきます。 ジョリーグッドは、emouを通じて、誰一人取り残さない社会の実現に向かって邁進してまいります。 <メディア掲載>


  • ダウンロード

    厚労省補助対象にもなった注目のVRによるSSTとは?

    報酬改定へ向け療育の質向上が議論される中
    注目されているVRによるSSTをわかりやすく解説

PICK UP NEWS

発達障害支援施設向けVRサービス
emouが無料体験できます

ソーシャルスキルトレーニングVR emouは
リアルな場面を何度でもトレーニングできる、
VRによる新たな発達障害支援プログラムです。

  • 誰でもSSTを可能
  • 100本のVRでSSTの質を向上
  • 差別化で集客に有効

など、施設運営にも役立つemouを
ぜひ職員や利用者のみなさんで体験してみませんか?

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、
最新情報がすぐに確認できるようになります

VRSST事例ウェビナー開催中