学齢期から社会参加まで社会的スキルを統合管理できるマイスキルボード開発

emou

〜ソーシャルスキルトレーニングVRプログラム「emou」に搭載、導入検証をスタート〜


株式会社ジョリーグッドは、発達障害支援施設向けソーシャルスキルトレーニングVRプログラム「emou」にて、VRによる暗黙知スキルの学習履歴を、学齢期から社会参加に至るまで統合して管理できる評価システム「マイスキルボード」を開発いたしました。

今回emouに搭載されるマイスキルボードは、学齢期から社会参加まで一貫して個人のトレーニングログ(受講履歴や視点データ履歴、選択肢履歴、スコア、支援者からの評価コメントなど)を閲覧、管理でき、小・中・高校の担任教員や支援施設の担当スタッフが変わってしまった場合でも、マイスキルボードを閲覧することで、特性などを円滑に共有することが可能です(※共有にはユーザー本人の承諾が必要)。マイスキルボードは、文部科学省や厚生労働省が掲げる「切れ目ない支援体制整備充実事業」(※1)の実現を可能にする新しい評価システムです。emouは、今後も誰一人取り残さない社会の実現を目指し、サービスの改善・開発を行ってまいります。

プレスリリースはこちら

<メディア掲載>
  • ダウンロード

    厚労省補助対象にもなった注目のVRによるSSTとは?

    報酬改定へ向け療育の質向上が議論される中
    注目されているVRによるSSTをわかりやすく解説

VRSST事例ウェビナー開催中

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります