コロナ禍の新たな発達障害支援、遠隔オンラインVR授業の実証がスタート!自宅に居ながらVRで仕事体験、社会スキルを学ぶ

emou

〜北陸の障害支援企業ヴィストと連携、発達障害支援施設向けVR「emou」が機能拡大〜


ジョリーグッドは、北陸エリアで就労支援施設や児童支援施設を複数運営するヴィスト株式会社(本社所在地:石川県金沢市、代表取締役:奥山純一、以下ヴィスト)と連携し、発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」(エモウ)の新機能、多接続リモートVR授業を活用した発達障害支援施設での実証実験を全国で初めて行います。
本実証は、2020年11月16日(月)にヴィストが運営する石川県金沢市の放課後等デイサービス施設と自宅にいる受講者を遠隔でつなぎ、オンラインVR授業を行います。新型コロナウイルスの影響や、施設が遠いなど様々な理由で外出が困難な方にも、オンラインで新しい発達障害支援を提供できることを実証し、新たな支援のカタチの実現を目指します。


プレスリリースはこちら


<実証実験概要>
日程:2020年11月16日(月)17時00分〜17時45分(集合時間16時30分)
場所:ヴィストカレッジ金沢駅前
(〒920-0031 石川県金沢市広岡1丁目2−14 コーワビル2階)
※取材をご希望の報道関係者の方は、以下までお問い合わせください。


ヴィスト株式会社
[TEL] 076-254-6264 (月〜金 9時00分〜17時00分)
[広報窓口] 徳成(トクナリ)
[本社所在地] 〒920-0031 石川県金沢市広岡1丁目2番14号 コーワビル5階
[WEB] https://visst.co.jp

これからの放デイは療育・STTが必須 誰でも負担少なく出来るVRのSST

関連記事

新着記事

就労移行でのプログラムに最適 VRによる予習で定着率アップ!
  • ダウンロード

    厚労省補助対象にもなった注目のVRによるSSTとは?

    報酬改定へ向け療育の質向上が議論される中
    注目されているVRによるSSTをわかりやすく解説

VRSST事例ウェビナー開催中

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります