コロナ禍に対応したemouのリモート版活用事例がNHKに!利用者が自宅にいながら良質な支援を遠隔で実施 【事例動画:ヴィスト株式会社様】

emou

<ヴィスト株式会社>


「あらゆる人に働く希望を、心豊かなStoryを」をミッションとして、北陸地域で放課後等デイサービス、就労移行支援を中心に事業を展開。emouは主に放課後等デイサービスでご利用いただいています。
今回、エリアマネージャー林原様をはじめとし、実際のemouのリモートによるSSTプログラムの実施風景がテレビで紹介されました。


 


新型コロナウイルスによる影響で外出や移動ができない人が増え、発達障害者支援においても、利用者が通所できず、オンライン支援のニーズが拡大しています。emouでは、利用者と支援者が別の場所にいてもSSTを実施することが可能な、リモート対応版をリリースいたしました。(※2020年11月25日リリース)


 


この度、NHK金沢放送局「かがのとイブニング」で、放課後等デイサービス ヴィストカレッジ金沢駅前店での実際のSSTプログラムの模様が取り上げられました。


自宅にいる利用者と施設の支援者をつないだリモートによるSSTプログラムの様子や、施設スタッフ様のインタビュー、ご利用者様の感想、当社emou事務局スタッフのインタビューなど、emouの魅力やご利用方法について詳しくご紹介いただいております。


当日テレビでご紹介された動画をご案内いたします。


NHK金沢放送局「かがのとイブニング」11/26放送
特選石川NEWS:リモートで障害者支援を(動画)
https://movie-a.nhk.or.jp/sns/zAm/w23a8p68.html
※動画URLは先方の事情により、一定の期間を過ぎますと、表示されない、削除される場合があります。


 


ご対応いただいた、ヴィスト株式会社エリアマネージャー 林原様にお伺いしました。


――――オンラインでSSTを行なう事業所も増える中、進行の困難さや意思疎通に課題があったと聞いております。


林原様:
このコロナ禍のなかでも継続した支援のために、オンラインによる支援をもともと行ってはいました。
しかしながら、感染を気にせず支援できるのがオンラインの利点ですが、SSTを行なうとなると、伝達できる情報が限られていて、コミュニケーションに不安があるうえ、利用者の集中力を維持しながらのSST進行が困難な点が課題になっていました。


――――リモート対応版のemouについて、実際に利用するメリットはどこにありますでしょうか。


林原様:
emouは、利用者が事業所(教室)に来てもらうことなく、自宅でVR体験学習ができます。
また、オンライン会議システムを連動させることで、複数の利用者に同時に実施でき、お互いの顔を見ながらSSTプログラムが行なえます。
自宅でリラックスした状態でVR体験が行える点と、オンライン会議システムの活用によりコミュニケーションや集中力の維持の課題もクリアできると思います。


 


  • ダウンロード

    厚労省補助対象にもなった注目のVRによるSSTとは?

    報酬改定へ向け療育の質向上が議論される中
    注目されているVRによるSSTをわかりやすく解説

VRSST事例ウェビナー開催中

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります