VRは支援者と利用者の「理解の齟齬」をなくすツールとして担っています。支援者のSST準備時間の削減や実施スキルにも貢献。【動画インタビュー:株式会社ハートスイッチ様】

VRは支援者と利用者の「理解の齟齬」をなくすツールとして担っています。支援者のSST準備時間の削減や実施スキルにも貢献。【動画インタビュー:株式会社ハートスイッチ様】

<株式会社ハートスイッチ>
岡山県内に4つの就労移行事業所を運営。福祉・介護サービス分野において、やる気のある人財を育成し、さらにその人財がモチベーションを高く持ち続けられる職場づくりをサポートしています。


今回は、管理者の塩出様に、emouを導入した背景から、就労移行支援の現場でのemouによる変化や気付き、支援スタッフ側の効率化、そして、emouSSTを受ける利用者の実社会での活かし方についてお話しいただきました。



※前回の導入事例ご紹介
中国地方初!VRによる就労トレーニングがメディアでも話題に。VRによる職業体験は外出できない人への支援にも効果的。


【導入事例:ハートスイッチ様】
https://emou.jp/2020/10/1417/


emou導入により3時間かかっていたSSTの準備が30分に


VRを場面共有の教材として利用することで、スタッフの準備時間も大幅に削減され、全スタッフでSSTが実施できるようになった事例を紹介させていただきました。


SSTの質の向上や準備にお困りの方は、お気軽に資料請求や無料デモ体験をお申し込みください。


<資料請求はこちら>
https://emou.jp/2021/02/2451/


<無料デモ体験はこちら>
http://emou.jp/contact/

PICK UP NEWS

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります

VRSST事例ウェビナー開催中