使い方と特徴

リアルな場面を何度でも
トレーニング。

VRによる新たな
発達障害支援プログラム。

emou[エモウ]は、学校生活や職場での対人関係の中で
ソーシャルスキルが必要なさまざまな場面を、専門医監修のもと高精細VRで再現。
相手の目線や表情、言動を通して体験型トレーニングを行うことができる発達障害支援プログラムです。
ワークシートやロールプレイではこれまで再現できなかったリアリティを
VR体験としていつでも何度でもプログラムの中で提供できるため、
施設利用者に良質なSSTをすぐに実施することができます。

実施フロー 1

VR体験

施設利用者は、学校生活や職場などの対人関係の中で、共感や状況理解が必要な場面を再現したVRを体験します。

実施フロー 2

トレーニング

VR体験後に、支援スタッフは施設利用者に対し、表情や言動の裏にある思考を相手の視点に立って考える指導を行います。

実施フロー 3

繰り返し

何度も繰り返し同じ場面を体験させることで、施設利用者の般化を促します。

特長

シンプルな機器構成で
導入後すぐに実施可能。

必要機材はVRゴーグルとスマートデバイスだけ。シンプルな機器構成でデジタルに詳しくない支援スタッフでも安心してご利用いただけます。

“同じ場面を何度も
トレーニングできるVRは、

発達障害の方々に
新たな視点を
持たせることができる”

監修

宮尾 益知先生

どんぐり発達クリニック院長

従来のワークシートやロールプレイなどで実施するSSTは、体験者から見える「場面」が一つに限られてしまいます。一方でVRの場合、上下左右を見るなどさまざまな動きをするので、全体を見て判断や行動ができるようになります。さらに、VRでは、体験者がどこを見ているかが分かります。つまり、本質的にどこを見れば状況判断ができるのか、周りの人たちが教えることができるわけです。

宮尾 益知 先生 どんぐり発達クリニック院長

VRコンテンツ

学齢期向け

学齢期に必要なソーシャルスキルをトレーニングできる支援プログラムを、自校や自社で提供することが可能です。

  • 7~18歳程度
  • 対象施設:放課後等デイサービス/
    自治体・教育委員会/小中学校

就労移行期向け

就労前や働く中で必要なソーシャルスキルをトレーニングできる支援プログラムを、自校や自社で提供することが可能です。

  • 16歳程度~
  • 対象施設:就労移行支援施設