職場での就労を「体験」として予習できるemouで
座学では得られないスキルを獲得

VRを使ったSSTで
定着率の高い施設に

無料デモ体験を申し込む
お役立ち資料ダウンロード

定着率の高い就労支援には、支援時と実際の就労時の
ギャップを少なくすることが必要

  • 課題01
    職場での就労を
    具体的にイメージ出来る
    ロールプレイ学習ができない
    就労後、コミュニケーションを行うための重要なソフトスキルを含めきちんと学ぶ必要があるが、そのような教材やプログラムが足りない
  • 課題01
  • 課題02
    就職の多様な選択肢を
    イメージするための
    学習機会提供が難しい
    利用者としては様々な職場を体験してみたいが、受入先企業との調整、新型コロナの影響など、様々な状況から全て提供するのは難しい
  • 課題02

コミュニケーションの練習や職場体験を通じて
本人が主体的に学べる支援を提供可能

  • 就労後も応用可能なSSTを身につける
  • 必要なときに適切なコミュニケーションが取れるよう
    様々な場面をトレーニング
    VR体験で自分ごととして捉えることができ、本人の特性を理解した上で、就労後の職場での人間関係や業務に対して上手に対応するソフトスキルを身につける
  • 幅広い年代に対応した豊富なコンテンツ
  • いつでもどこでも
    豊富な職業が体験可能
    就職先を考える機会にも
    就活に必要な面接練習や職場体験を何度も体験し、場になれる訓練や自分の特性を伝える練習が可能
    また様々な職業を体験することで、自分に適した職業を選ぶ機会にも

再現が難しい場面でも
VRなら何度でもトレーニングすることができます

  • 相談
    相談
    誰に相談する?
    内容部長から仕事を頼まれたが、わからないところがある。誰に相談するのがいいのか
    副題援助要請
  • 本棚整理
    気持ちの理解
    本の補充
    内容店長に本の補充を頼まれるがそこに客がいる。どのように対応するか
    副題きっかけ言葉
  • 場面体験
    場面体験
    ホテル清掃員編
    内容ホテル清掃員の業務の流れを上司から説明を受けながら体験する
    副題ホテル清掃員の仕事体験

集客・運用方法・利用者の反応
VRによるSSTの活用事例を
無料でダウンロードできます

無料VRデモ
施設で開催しませんか?

無料VRデモを施設で開催しませんか? 無料VRデモを施設で開催しませんか?

PICK UP NEWS

VRSST事例ウェビナー開催中