就労移行・放課後デイが地元メディアに取り上げてもらう方法!

就労移行・放課後デイが地元メディアに取り上げてもらう方法!

就労移行支援施設、放課後等デイサービスが地元メディアに取り上げられる重要性


就労移行支援施設や放課後等デイサービス、地域若者サポートステーションなどの障害福祉サービス事業所を運営している上で、地元の対象者、見込み対象者の方に事業所、取り組みを知ってもらう事は非常に重要です。 障害福祉サービス事業所が支援すべき人達は、受けられるかもしれない支援を知らずに行政にも施設にも相談していない可能性があるからです。


数多く、地域メディアに取り上げられた事例より解説


幸いにも弊社VRサービス「emou」の導入社が最近数多く、ローカルテレビ局、ローカル新聞に取り上げられています。 その事例の中からどういった取り組みで、地元テレビ・新聞に取り上げて貰うことができるのか皆さんにお伝えします。 掲載事例はこちらの導入事例より御覧ください。 https://emou.jp/category/case/ こういった、いわゆる「広報」的なノウハウは検索してもインターネット上になかなか具体的な情報がなく、皆様の活動を地域の方に知って頂く上で非常に大きな障壁となっているため、皆様の参考になれば幸いです。 この「取り上げられる方法」はemou導入社の方であっても、そうでなくても行うことが出来る方法ですので、ぜひ勤められている施設の職員や、お近くの施設関係者の方に共有ください。


取り上げてもらうまでの3つのステップ


メディアに取り上げられるステップ 取り上げて貰う具体的なステップは上の3つのステップです。 こちらをしっかり実行することで地元メディアに取り上げられる確率がぐんとアップします。


取材ポイント・イベントを作る


メディアが取材を行う上で重要なのが 「どういう絵が撮れるか?」です。 このポイントを抑えてメディアが取材にくるイベントを明示的に作る必要があります。 いつもの支援風景を取材して欲しい!ではメディアはなかなか来てくれません。


取材依頼書の送付


取材のポイントを作ったら、メディアに取材を投げかけます。 取材依頼書というのを各メディアに送付することで、どういった地域の課題に対して、どういった取り組みをしていて、どういった絵が撮れそうなイベントがあるのかをしっかり伝える事でメディアが「取材したい」と思います。 このメディアへの取材依頼書の送付ですが ○どういった取材依頼書がいいのか? ○送付するメディアをどうやってリストアップするのか? ○どのような種類メディアをリストアップするのか? ○具体的にどう送付・届けるのか? といったさらに具体的な情報をウェビナー(無料)でお伝えしますので、 興味ある方は下記より、是非参加下さい。 ※まわりの興味ありそうな方にも是非紹介ください。


テレビ・新聞に取材される方法ウェビナー 6月24日(木)


=============
就労移行・放デイ向け テレビ・新聞に取り上げられる方法
テレビ3社+新聞社取材の成功事例!!
~依頼書作成から投げ込みまで~
=============
<開催概要>
日時:2021年6月24日(木) 10:30~11:10
定員:100名
参加料金:無料
会場:オンライン会議ZOOM利用
アクセス:オンライン会議ZOOM利用
参加対象:就労移行・放デイの施設様
ご入室方法はお申込後、メールでお知らせいたします。


<6/24 ウェブセミナーお申し込みフォーム> https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_sVk3oqdgStGUQR3GpMb0qQ


◯アジェンダ◯
10:30~11:00
・弊社、サービス紹介
・一般社団法人あいおい様の事例
・取材獲得を見据えたメディアのリストアップ
・取材依頼書の作成方法
・VRをフックに話題性を作る
・取材依頼の投げ込み方法
・取材当日の対応 など


11:00〜11:10
・Q&A


ノウハウが詰まったダウンロード資料(ウェビナーが都合悪い方向け)


上記ウェビナーに参加出来ない方向けに、ウェビナー参加時にお配りする資料を今回特別にウェビナー開催後(6/24以後)にお送りします。 下記URLより情報を登録下さい。 https://share.hsforms.com/1Z2iHfGpeTduUCfwnwNZ8cA31q8t

  • ダウンロード

    厚労省補助対象にもなった注目のVRによるSSTとは?

    報酬改定へ向け療育の質向上が議論される中
    注目されているVRによるSSTをわかりやすく解説

PICK UP NEWS

発達障害支援施設向けVRサービス
emouが無料体験できます

ソーシャルスキルトレーニングVR emouは
リアルな場面を何度でもトレーニングできる、
VRによる新たな発達障害支援プログラムです。

  • 誰でもSSTを可能
  • 100本のVRでSSTの質を向上
  • 差別化で集客に有効

など、施設運営にも役立つemouを
ぜひ職員や利用者のみなさんで体験してみませんか?

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります

VRSST事例ウェビナー開催中