全国初、公立小学校での公開授業!行動の般化を目指したVRSST授業【動画事例:市川市立新浜小学校】

emou

公立学校の特別支援学級でも、VRを活用したソーシャルスキルトレーニング「emou」のご利用が広がってきています。今回は、千葉県市川市にある新浜小学校様で、「自己紹介」「聞く態度」をテーマとした公開授業が行われました。


 



 


新浜小学校特別支援学級学年主任 伊勢先生


「VRをツールとして行動の般化を目指した授業デザインしました。絵カードなどで示した時だとそれを見て場面の理解をするのが難しい。VRなら視聴ではなく体験になるので、場面を想像するのが難しい子たちへのアプローチが一番できると感じました。またVR体験中の視線データをリアルタイムでとって、そのデータをもとに私たちが解釈をして、すぐに子供たちに良かった点、悪かった点を返してあげることで次の実践のときに活かすことができると感じました。」


 


同校講師 谷口先生


「VRを使ったSSTの回数を重ねることによって子供たちは伸びいると感じています。人に対して伝えたい、僕の話を聞いてくれという表情も目線も日常生活の中でとても増えてきました。短い時間の中でも伸び代があったと思います。」


 


児童A


「(VRを使ったSSTは)楽しいです。何回もやれるからです。(VRで練習することで)目線が合うようになったり、うなずいたりすることができるようになりました。もっと(VRで)社会の色々なことを体験したいです。」

これからの放デイは療育・STTが必須 誰でも負担少なく出来るVRのSST

関連記事

新着記事

就労移行でのプログラムに最適 VRによる予習で定着率アップ!
  • ダウンロード

    厚労省補助対象にもなった注目のVRによるSSTとは?

    報酬改定へ向け療育の質向上が議論される中
    注目されているVRによるSSTをわかりやすく解説

VRSST事例ウェビナー開催中

関連記事

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります