無料デモ・お問い合わせ

ニュース > お役立ち記事

一覧へ戻る

2019.8.5

ソーシャルスキル・トレーニング(SST)〜定義、役割〜

<SSTは、社会生活を円滑に送るための社会生活技能の訓練>

社会生活を送るうえでの適切な応対を学び、障害によって引き起こされうる困難を軽減するための訓練、それがソーシャルスキル・トレーニング(社会生活技能訓練,Social Skill Training:SST)です。SSTは、社会で生きるうえで必要になる日常生活習慣や適切な対人行動を獲得することを目的として行われます。

挨拶や会話の仕方などに始まり、対人関係を含む日常生活を円滑にすることを目指しています。SSTを重ねることで、自閉症スペクトラム障害があっても、社会生活を営む上での困り感を改善していくことができます。

 

●ソーシャルスキルとは、状況に応じて適切な行動がとれる能力

では、ソーシャルスキル(社会生活技能)とは、どんなものを指しているのでしょうか。その定義は研究者によってさまざまです。簡単に要約するならば、ソーシャルスキルとは、対人関係のなかで、状況に応じた適切な対応を行う能力、と言うことができます。

ソーシャルスキルにおいて重要なことは、「状況に応じて」適切な行動がとれる、という点です。いつでも、どこでも、だれに対しても適切な対人行動というものはありません。同じ行動でも、その相手や場所、タイミングなどによって、相手が受ける印象が変わってくる可能性があります。

 

●同じ行動でも、相手やその状況、場所、文化などによって印象が変わる

例えば、相手の意見に反した自分の意見を述べる、という場合を考えてみましょう。親しい間柄での和やかな会話や建設的な議論の場であれば、自分の意見を述べても肯定的に受け入れられることが多いでしょう。しかし、謝罪をしているときや叱られている場面では、自分の意見を主張することが相手の感情を逆撫でしてしまうこともあります。

対話をしている相手が平静なのか、落ち込んでいるのか、怒っているのか。そのような相手の感情の状態によっても、相手が受け取る印象は変わりえます。こちらの発した言葉が同じものだったとしても、相手の状況によって、与える印象は異なる場合があるのです。

同じ行動が相手に与える印象は、文化や慣習などにも大きく左右されます。例えば、「キスをする」という行為は、日本では一般的に恋人同士のあいだでしか認められませんが、海外では家族や親しい友人同士の挨拶の一つとして認識されているところもあります。

 

●ソーシャルスキルは、行動パターンの知識+状況の分析力

このように、同じ言葉や行動でも、その状況によって、それが適切なのかどうかというのは変わってくるのです。ソーシャルスキルが高い人というのは、いつ、どこで、どんな行動が最適なのかを理解している人、ということになります。

そうした意味で、ソーシャルスキルの高さは、対人関係において自分がとりうる反応行動のパターンが豊富だということだけでは不十分です。もちろん、行動パターンを数多く知っていることは重要です。少ない反応行動のパターンしか知らなければ、日常のあらゆる場面に対応していくのは非常に困難です。

しかし、いくら豊富な行動パターンを知っていても、それを適切に選択できなければ意味がありません。ソーシャルスキルには、適切な行動のパターンを知っているということだけでなく、今がどんな状況なのかを周囲の細かなヒントから見極めて分析する能力までもが含まれているのです。

 

●二次障害のリスクを軽減するためにSSTは重要

ソーシャルスキルは、対人関係において自分の希望が叶えられる能力、とも言うことができます。良好な人間関係を築くこと、恋人を作ったり結婚したりすること、仕事で望んだ結果を出すことなどは、いずれも本人のソーシャルスキルの程度によって、その実現の可能性が大きく左右されます。

ソーシャルスキルが低い場合、こうした希望を叶えることが、より難しいものになる場合もあります。希望がなかなか叶わない結果、本人は自信をなくしたり、周囲から孤立したりする恐れもあり、これが二次障害へとつながる危険性を高めてしまいます。こうした意味で、ソーシャルスキルを向上させるために訓練すること、すなわちSSTが、二次障害の予防のためには非常に大切になってきます。

 

●ソーシャルスキルは学習によって習得できる

対人行動は、いくつかのソーシャルスキルの適切な組み合わせによって構成されています。相手や状況を見極めながら、自分が知っている反応行動を適切に実行することで、対人関係をより円滑に発展させることができます。

ソーシャルスキル、すなわち「社会生活技能」という用語が一般的に使われていますが、「技能」という言葉が用いられているのには理由があります。つまり、ソーシャルスキルとは「技能」であって、学習によって習得できるものである、ということです。

 

●対人行動は学習によって習得が可能

対人関係を本人が望んだものにしていくための反応行動の組み合わせは、その人の素質や精神性よりも、学習によって習得されていく部分が非常に大きいと考えられています。逆に、対人関係がなかなかうまくいかないという場合は、まだ「技能」の習得が不十分だという場合が多いのです。

表情や声音による感情表現などは、一見、学習というよりは、その人が本来持っている資質や性格によるところが大きいようにも感じます。しかし、学者による研究では、多くの対人行動は学習によって習得することができると言われています。もし、対人関係においてどうしてもうまくいかないことがあるとしても、そうした反応行動は経験や訓練によって十分に修正することができる、ということです。

 

●適切な対人行動がとれない三つの要因

ソーシャルスキルは「技能」として学習可能であり、対人行動はそうして習得した技能の組み合わせにもとづいています。これを前提とすれば、本人が社会生活における対人関係で望んだ結果を得られない場合の原因は、以下の三つに求められます。

①求められる適切な行動のレパートリーを知らない
②求められる適切な行動が、適切なタイミングで用いられない
③不適切な行動によって、適切な行動が隠されてしまっている

つまり、行動のレパートリーを増やし、適切なタイミングで適切な行動をとることができるようになることで、良好な対人関係を築くことが、より容易になります。それらを学ぶことが、SSTの目的なのです。

 

●障害のある人はソーシャルスキルを学ぶ機会が限られてしまう場合もある

年齢に応じた社会的な役割に参加する機会が制限されてしまっている場合、適切なソーシャルスキルを訓練したり、期待される適切な社会的役割を身に付けたりする機会が極めて限定的になってしまう場合があります。

とりわけ、障害のある方々の場合は、障害の特性によって引き起こされる社会生活上の困難が、上記のような機会を妨げてしまっている場合があります。ソーシャルスキルを実践する機会が少なくなることで、人付き合いに対する自信をなくしたり、恐れを抱いてしまったりすることもあり、社会的な孤立を選ぶようになってしまう危険があります。

学校生活や職場をリアル体験! ソーシャルスキルトレーニングをVRで
emouのデモ体験・お問い合わせ

法人・施設担当者の方はこちらから 個人の方はこちらから

最新ニュース

記事一覧 >